吉川英治

 更新日  2015/08/22

吉川英治 名言・格言

吉川英治(よしかわ えいじ、1892年8月11日 – 1962年9月7日)は、日本の小説家。
様々な職についたのち作家活動に入り、『鳴門秘帖』などで人気作家となる。1935年(昭和10年)より連載が始まった『宮本武蔵』は広範囲な読者を獲得し、大衆小説の代表的な作品となった。戦後は『新・平家物語』、『私本太平記』などの大作を執筆。幅広い読者層を獲得し、「国民文学作家」といわれる。 

Sponsored Link

学ぶ すべてが先生

・私は地道に、学歴もなく、独学でやってきた。座右の銘というものではないが、「我以外皆師也」と思っている。

・我以外皆我師也 (われ以外みなわが師なり)(わたし以外、人、物、大自然のすべてが先生である。) 

楽しむ 人生の面白さは山の中腹にある

・楽しまずして、何の人生ぞや。

・晴れた日は晴れを愛し、雨の日は雨を愛す。楽しみあるところに楽しみ、楽しみなきところに楽しむ。

・登山の目標は山頂と決まっている。しかし、人生の面白さはその山頂にはなく、かえって逆境の、山の中腹にある。

逆境 あきらめ

・(もう駄目)それをふと、自分の心に出した時が、人生の難関は、いつもそこが最後となる。

・百計も尽きたときに、苦悩の果てが一計を生む。人生、いつの場合も同じである。

・行き詰まりは、展開の一歩である。

・逆境を転じて、その逆境をさえ、前進の一歩に加えて行く。

その他

・人づきあいとは鏡のようなものである。

・あれになろう、これになろうと焦るより、富士のように、黙って、自分を動かないものに作り上げろ。世間に媚びずに世間から仰がれるようになれば、自然と自分の値うちは世の人がきめてくれる。

・無心さ、純粋さ、素直さなどは人の心を打つ。その力は、こざかしい知恵をはるかに凌駕する。

 - 作家・芸術家

Sponsored Link

  関連記事

関連記事はありませんでした