「 個人 」 一覧

ゲーテ 名言・格言

ゲーテ

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe, 1749年 – 1832年) は、ドイツの詩人・小説家・劇作家。小説「若きウェルテルの悩み」などにより、シュトゥルム‐ウント‐ドラング(疾風怒濤)運動の代表的存在となる。シラーとの交友の中でドイツ古典主義を確立。自 …

宮崎駿 名言・格言

宮崎駿

宮崎駿(みやざき はやお、1941年1月5日 – )は、日本の映画監督、アニメーター、漫画家。 高校3年生の時に観た東映動画製作の『白蛇伝』に感動し、アニメーションに関心を持つようになる。大学卒業後、アニメーターとして東映動画に入社し、動画などを手がける。 当初は東映動画で制作されていた作品に魅力を感じること …

高畑勲 名言・格言

高畑勲

高畑勲(たかはた いさお、1935年10月29日- )は、日本の映画監督、アニメーション演出家、プロデューサー、翻訳家。長編アニメ映画『やぶにらみの暴君』(『王と鳥』の原型)に感銘を受けて、アニメ業界入りを決意。東京大学卒業後に東映動画に入社する。 主なアニメ演出/監督作品TV『アルプスの少女ハイジ』『母をたずねて三千里 …

水木しげる ゲゲゲの女房 名言・格言

水木しげる + ゲゲゲの女房

水木しげる(みずき しげる、1922年3月8日 – 2015年11月30日、満93歳没)は、日本の漫画家。1958年に漫画家としてデビュー。代表作の『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』などを発表し、妖怪漫画の第一人者となる。 『ゲゲゲの女房』は、漫画家水木しげるの妻・武良布枝が著した自伝(2008年刊 …

やなせたかし アンパンマン

やなせたかし アンパンマン

やなせ たかし(本名:柳瀬 嵩、1919年2月6日 – 2013年10月13日、満94歳没)は、日本の漫画家、絵本作家、詩人。『アンパンマン』の生みの親、『手のひらを太陽に』の作詞家として知られる。 絵本作家・詩人としての活動が本格化する前までは頼まれた仕事はなんでもこなしたといい、編集者、舞台美術家、演出家 …

爆笑問題 太田光

爆笑問題 太田光

太田 光(おおた ひかり、1965年5月13日 – )は、日本のお笑いタレント、漫才師、文筆家である。田中裕二との漫才コンビ爆笑問題のボケならびにネタ作成を担当する。 批判 ・これ言っちゃおしまいかもしれないけど、だったらお前やってみろって思うのね。「スタメン」2006年 笑い – 笑いといじめ  …

綾小路きみまろ 名言 格言

綾小路きみまろ

綾小路 きみまろ(あやのこうじ きみまろ、1950年12月9日 – )は、日本の漫談家、お笑いタレント。本名、假屋 美尋(かりや よしひろ)。 1969年、司会者を目指す為上京。新聞販売店で働きながら1年浪人した後、1970年に拓殖大学に入学。たまたま配達先の病院にキャバレーを営む患者が入院しており雇われる。 …

笑福亭鶴瓶 名言・格言

笑福亭鶴瓶

笑福亭 鶴瓶(しょうふくてい つるべ、1951年12月23日 – )は、落語家、タレント、俳優、歌手、司会者、ラジオパーソナリティである。本名、駿河 学(するが まなぶ)。鶴瓶を「つるべぇ」「つるべぃ」と誤読されるが、正しくは「つるべ」である。 自分の型 無心で進む 小さな世界 ・自分の型を作り、それにこだわ …

松本人志

松本人志

松本人志(まつもと ひとし、1963年9月8日 – )は、日本のお笑い芸人、司会者、作家、作詞家、俳優、映画監督。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。   ・浜田「残さず食べ。アフリカの子供等は食べたくても食べられへんねんで」松本「アホ。その子らも腹いっぱいになったら残すわ」 ・(「松ちゃん遅れて …

梅木好彦 久代

盲ろう者・梅木久代 – 心の中に目がある

NHKスペシャル「見えず 聞こえずとも~夫婦ふたりの里山暮らし~」 2015.5.3 番組内容京都・丹後半島の山あいにある小さな集落に梅木好彦さん(68)と妻の久代さん(65)は暮らしている。久代さんは、目が見えず、耳も聞こえない。ふたりは互いの手を握り、その動きから手話を読み取る“触手話”により心を通わせ合っている。二 …

Sponsored Link